序盤先行型と追い込み型どっちが有利?

3dsマリオカート7極限攻略データベース
Wi-Fi対戦における2つの主流派。果たして強いのはどちらでしょうか?



マリオカートは速く走るだけが勝利への道ではありません。
順位が悪い方が良いアイテムが出やすいですから、それを使って逆転を狙うというのも立派な戦術です。
しかし実際は、どちらが有利なのでしょうか。

その答えは、試合の展開とコースの特徴によって異なります。
特に大きく関わるのが、試合の展開です。

試合の展開とは、1人だけもの凄いリードをして残り全員が団子状態、とか
先頭集団と2番手の2グループに分かれる、とか、そういう展開のことです。
要するに、いいアイテムを手に入れることが出来る位置からトップまで何秒差なのかというのが大きいわけです。
せっかく後方でいいアイテムを手に入れても、それを使って縮め切れる差でなければ意味がありませんし、
20秒遅れで2位などという状況では、自力では差を縮め切れないし、いいアイテムも手に入らないしで絶望的です。

もう1つの大きい要素が、コースの特徴です。
ルイージサーキットなどに代表される「逆転しやすいコース」と、
レインボーロードなどに代表される「逆転しにくいコース」の2通りが存在します。
逆転しにくいコースだったら、試合の展開に関係なく自力優勝を目指すべきですし、
逆転しやすいコースだったら、先頭に立つメリットが少ないですから中盤でアイテムを拾っておくのが無難です。

ただ、ある程度実力があるならば、無理に中盤から逆転を狙うことはお勧めしません。
アイテムによる一発逆転は、あくまで下手な人のためのバランス調整ですので、確実性が全くありません。
どうしてもやりたい場合は、逆転しやすいコース以外では、
1周目でまずは遅れて良いアイテムを手に入れ、ある程度のところまで自力で順位を上げてから
そのアイテムを使って1位に立ち、2周目以降で1位をキープするという形が良いでしょう。
逆転しやすいコースでは中盤で3周目までアイテムを温存しても大丈夫ですが、
常にトップと何秒差なのか把握し、逆転可能な位置をキープして下さい。